フランチャイズ店舗、飲食店の名前を拡大する要因

開業について

会社に必要な専門家の力を利用しよう

開業をするには様々な知識が必要になってくる。初めての体験の連続で判断に迷うこともある。その際の開業支援として、会社経営に関わる専門家の力を借りよう。経営を行うに当たって行わなければならない業務は多くある。財務・営業・総務・人事・経理など。何が必要かは会社によって選ぶ必要がある。 開業支援などで関わってくる専門家は主に6つあり、会社設営・増資・役員変更・合併などの登記手続きに関わってくる「司法書士」。会計から細かい税務、経営相談に関わる「税理士」。社会保険業務に精通しており、助成金や補助金の支給申請などを行う「社会保険労務士」。会社の財務・営業・人事などの課題、弱点を専門的にアドバイスする「経営コンサルタント」。会社の法務に関わる問題についてアドバイスする「弁護士」。会社設営の手伝いや、許認可確認書類作成、助成金・補助金の支給申請の支援などを行う「行政書士」などがいる。

開業支援を行っている企業、公的機関について

現在では、ネットで独立開業の企業家向けの開業支援サービスを行っている企業があったり、サロンや医院向けの開業支援サービスなどと、特定の業種向けのサービスを行っている企業もある。全国各地で開業のためのセミナーを行っていたり、個別開業相談を受け付けていたりとサービスは多くあるため、開業を考えている方は、ネットや、知り合いを通じて多くの情報を得たらよいだろう。 その他、起業に関するサポーターとして公的な機関のを利用するのも良いだろう。公的機関ならではの情報量の多さや、相談や無料、または安くで行える点が魅力的である。 主な支援機関としては、独立行政法人中小企業基盤整備機構、J-Net21\:中小企業ビジネス支援サイト、都道府県等中小企業支援センター、日本商工会議所などがある。

↑ PAGE TOP