フランチャイズ店舗、飲食店の名前を拡大する要因

融通を利かす

一般社団法人とNPO法人について

株式会社よりも活動がクリーンであると、一般社団法人は認識されています。それに対してNPO法人というものも存在しています。この2つの組織は非常に似ていますが、異なる点は確実に存在するのです。 NPO法人は公益を目的とした活動だけを許されています。一般庶民から見たサービスの提供者は、不可解な活動をしていると思われる事が少なくありません。しかしNPO法人については行政の手の届かない部分を仕事としている事から、信頼してもいいという風潮があります。活動を限定的にする事で、信望を集めているのです。 しかしNPO法人ではなく一般社団法人設立を目指す人がいます。それは一般社団法人設立で作られた組織は、目的が公益に限定されず融通が利くからです。

得た利益の扱いについて

NPO法人と一般社団法人は異なる部分もありますが、利益の扱いについては同じです。一般的な株式会社では得た利益を、株主や社員などの関係者で分配します。それをモチベーションにする事で、活動するための目的を明確にするのです。 しかし一般社団法人設立で作られた団体は、利益を今後の活動に反映する事を約束されているため、意欲に転化する事はできません。つまりどれだけ大きな利益を得ても、社員に物質的な恩恵を与える事はできないのです。 しかし一般社団法人設立が目的としている事は、利益の追求から解き放たれたいという面があります。よって一般社団法人に所属している人は、それに納得して働いているのです。彼らは利益が分配されなくても、満足感に還元する術に長けています。

↑ PAGE TOP